お互いセックス以上を求めないようにする

セフレは、セックスをするための関係であって、それ以上でもそれ以下でもないのです。
あくまで、セックスの時はお互い真剣になることはあっても、それ以外では一切関わることもないのです。

もちろん普段も、最低限の連絡以外でやり取りをすることはありません。
まして、セックス以外でデートをしたりすることもないのです。
本当に、セックスをする時以外では、他人同然の関係だと言えるのです。

ですから、双方がセフレとして付き合う以上は、お互いセックス以上の関係を求めないことが大事なのです。
セフレのラインを超えてしまうと、そこから今度は恋愛の感情を持ってしまうことがあるのです。
そうなってしまうと、もはやセックスだけの関係では済まされませんし、セックス以外での付き合いも必要になってくるのです。

もちろん、お互いが合意の上であればまだいいのですが、一方はセフレ以上の関係を求める、もう一方はセレフの関係のままでいたいと思っているのであれば、まず上手くいくことはありません。
せっかくセフレとして上手く付き合うことができているのに、セフレ以上の感情を持ってしまったがために、関係が終わってしまうことになるのです。

だからこそ、お互いにセックス以上の関係は求めずに、セックスだけに徹するようにしましょう。
もちろん、たまに一緒にご飯を食べたりするぐらいならいいですが、それ以上の関係にはならないように注意しましょう。

もし恋愛をしたいのであれば、最初から恋愛目的で相手を探すようにしましょう。
セフレを望むのであれば、それ以上の関係を望んではいけないのです。

そして、セフレの関係はいつ終わってもおかしくありません。
ですから、相手から別れを求められた時は、素直に応じるようにしましょう。
逆に、自分も別れたいと思ったのであれば、いつでも別れて構わないのです。

変にセフレの関係を長く続けても、満足することはできないでしょうし、むしろ疲れやストレスが溜まるだけですから。

あまり一人の相手にこだわらない

セフレを探す時には、もちろん自分の好みの相手を探すことになります。
検索機能を利用して、年齢であったり住んでいる地域などから、相手を絞り込むことになります。
その上で、さらにプロフィールを見て、自分に合いそうな相手だと思ったら、メール送ってアプローチすることになります。

さて、ここで1つ注意しなければならないのが、あまり一人の相手にこだわらないようにしましょう。
どういうことかと言いますと、もし良さそうな相手を見つけて、メールを送ったけど返信がもらえなかったとします。
しかし、だからと言ってその後も立て続けにメールを送るのは、相手にも迷惑になってしまいます。
そもそも、もしかしたらすでにその相手は、放置状態の可能性もあるわけです。
そのような相手にこだわり続けても、時間が無駄になるだけなのです。

ですから、セフレを探す時には、あまり一人の相手にこだわらずに、ダメならすぐに次の相手を探す方がいいのです。
その方が時間効率も良いですし、すぐにセフレを作ることができるのです。

そもそも、真面目な出会いであれば、しっかりと自分に合う相手を探す必要があるかもしれませんが、セフレ探しであればそこまでこだわる必要もないのです。
とりあえずセックスをしてみて、ダメだったらすぐにまた新しい相手を探すことができるのですから。

それに、自分の好みの相手かどうかは、実際にセックスをするまでは分からない部分も多いのです。
そう言う意味でも、あまり相手探しにはこだわらずに、ある程度相手を絞り込んだのであれば、いろんな相手にアプローチしてみることが大事なのです。

もちろん、その辺はその人の考え方次第ですから、じっくりと時間をかけるのも間違いだとは思いません。
でも、大半の人はセフレを探すのにそこまで時間はかけられないと思いますし、少しでも早くセフレを作りたいと思っているでしょう。
だからこそ、セフレ探しは質よりも量の方を重視した方がいいと思うのです。

エッチをしなければ分からないことも多い

いくら割り切った関係であるセフレであっても、できれば自分と相性の合う相手や、自分の好みの相手とセフレになるのがベストだと言えます。
特にセックスで欲求をしっかりと解消したいのであれば、自分の理想とする相手とセックスをすることが必要になります。

そういう意味では、出会い系サイトでセフレを探す時でも、手当たり次第にアプローチすればいいわけではないのです。
その相手が自分と合う相手かどうか分かりませんし、せっかく出会ってセックスすることができても、全く相性の合わない相手だと時間の無駄になってしまいます。

ですから、まずは出会い系サイトで相手を探す段階で、ある程度自分に合いそうな相手を絞り込む必要があるのです。
そして、絞り込んだ相手の中から、何人かにアプローチをするのがいいかと思います。

ただ、あまりに自分の理想を満たしたいからといって、細かく絞り込み過ぎるとほとんど誰も表示されない可能性もあります。
仮に理想の相手が見つかったとしても、その相手とセフレになれるかどうかも分からないのです。

ですから、相性の合う相手を探すことも大事ですが、ある程度は妥協をすることも大事なのです。
そうしないと、いつまで経っても出会うことができませんから。

さて、仮に自分の理想とする相手が見つかって、その相手とセックスすることができたとします。
ただ、セックスをしたのはいいけれど、思っていたよりも微妙だったというケースも多いのです。

やっぱり、相手の見た目や性格だけでは、本当に自分に合う相手かどうかは分からないのです。
本当に相性が合うかどうかは、実際にセックスをしてみないと分からないものなのです。

そのため、理想の相手とセフレになりたいと思うのであれば、一人や二人とセックスするだけでは不十分で、いろんな相手とセックスをする必要があるのです。

もちろん、理想とまではいかなくても、そこそこ相性が合うのであれば、セフレとして付き合ってもいいでしょう。
セックスを重ねるうちに、どんどん相性が良くなる可能性もありますし。

セフレは40代以上限定です

僕は大学生でありながら、すでに何人ものセフレと付き合ってきました。
今では二人のセフレとお付き合いしているのですが、そのセフレはいずれも40代なのです。
今のセフレだけに限らず、過去に付き合ったセフレも全て40代以上なのです。

僕は、超が付くほどの熟女好きなのです。
高校生の頃から、すでに熟女にしか興味がありませんでした。

そのため、AVも全て熟女モノしか見ていませんし、今まで行った風俗も全て熟女専門店でした。
そして、セフレを作るようになってからも、もちろん熟女にしか興味がなかったのです。

僕は、とある出会い系サイトでセフレを作っているのですが、もちろんその出会い系サイトには若い女性もたくさんいます。
でも、僕は若い女性には見向きもしません。
そもそも、検索で40代以上と絞っているので、若い女性が表示されることもないのです。

幸いにも、僕の若さが功を奏してか、ほとんどの熟女からOKの返事をもらえたのです。
若い男性は熟女にはかなり人気があるらしく、熟女からの印象もかなり良かったのです。

さらに言えば、僕が大学生で時間があることも大きなメリットでした。
熟女の中には、結婚をしている人も多いのですが、そのような熟女だと夜の時間帯に出会うのは難しいのです。
しかし、大学生である僕は、平日の昼間でも時間が空いていることが多いので、いつでも熟女と出会うことができるのです。

このような熟女と付き合いやすいという環境もあって、熟女と充実したセフレ生活を過ごすことができているのです。
もちろん、あくまでも体だけの割り切った関係なので、必要以上に関係を持つことはありません。
たまにご飯をご馳走になったりするぐらいで、セックス以外でデートをしたりすることもありません。

でも、僕にとってはそれが好都合なのです。
さすがに真剣にお付き合いするとなると、熟女だと少し厳しくなりますし、そもそも今の僕は真面目な恋愛をしたいとは思っていないのです。
だからこそ、気軽に付き合えるセフレは最適だと言えるのです。

セフレとどんなセックスをするのか

当たり前ですがセフレとはセックスをするために付き合っているので、定期的にセフレとはセックスをすることになります。
ただ、セフレとは一体どのようなセックスをするのでしょうか。

もちろん、セックスの仕方は人それぞれです。
ごく普通のセックスをする人もいれば、少しマニアックな感じのセックスをする人もいます。
特に後者のようなセックスは、恋人とはなかなかできないでしょうから、セフレだからこそできるものなのです。

例えば、SMプレイが好きな人であれば、セックスの時でもSMプレイをする人は多いでしょう。
男性が責めるにしても女性が責めるにしても、普通のセックスではなかなかできないことだと言えます。

ただ、双方ともSMプレイが好きならいいのですが、男性だけが好きな場合や、女性だけが好きな場合もあります。
その場合は、相手に対して「SMプレイしたいんですけど」と事前に伝えておくようにしましょう。
それでOKがもらえれば、もちろんSMプレイができるわけです。
NGだった場合は、根気よく交渉をするか、あるいは仕方がないので別の相手を探すしかありません。

もっとも、よほどマニアックなセックスでなければ、大抵の場合は受け入れてもらえます。
相手も、それは承知の上でセフレを探しているわけですし、その代わりとして自分の希望も叶えてもらうわけです。
したがって、普通のSMプレイであれば、大半の人は受け入れてくれるかと思います。

せっかくセックスをするのであれば、自分のやりたいと思うセックスをした方がいいに決まっています。
同じようなセックスを希望する相手が見つかればベストですが、そうでなくても自分の希望はどんどん伝えるようにしましょう。
その代わり、相手の希望にもしっかりと応えてあげればいいのです。

いろんなセックスをすれば、お互いにマンネリ化することもありませんし、長く関係を続けることもできるのです。
いずれにしても、まずは自分がどんなセックスをしたいのか、いくつか考えておきましょう。
相手からしても、最初はそこまで乗り気ではなかったけど、やってみると予想以上に楽しいというケースも多いのです。

どうしても相性というものはあります

セフレを作るため、出会い系サイトで異性と出会うことができ、セックスをすることができたとしても、そこでセフレになれるとは限らないのです。
やっぱり、セックスで満足できなかったり、気持ちよくなることができなければ、セフレになっても意味がありませんから、その日限りで終わってしまうことも多いのです。

ほとんどの人は、セックスで気持ちよくなりたいからこそ、セフレを作るわけなのです。
なのに、セックスで気持ちよくなれなければ、セフレになっても仕方がないのです。
むしろ、時間とお金が無駄になるだけなので、セフレになってもデメリットの方が多いのです。

もちろん、セックスを重ねていくうちに、満足できるようになる可能性もあります。
でも、それで結局最後まで満足できないまま終わったら、それまで費やした時間が無駄になるのです。
だからこそ、大半の人は最初のセックスがダメだったら、セフレになることなく関係を終わらせるのです。

セックスでも満足できない理由としては、もちろん経験や技術不足だという理由もあります。
しかし、それ以上に大きな理由として、相性の問題があるのです。

前者は努力や工夫次第でなんとかなりますが、後者に関してはどうしようもないのです。
相性ばっかりは、努力だけではどうしようもないのです。
ですから、相性が合わないのであれば、無理に付き合うよりも早めに関係を終わらせた方が、お互いのためになると言えます。

もちろん、相性が合うにしても合わないにしても、まずはセックスをしてみないと判断できませんから、とりあえず1回はセックスをする必要があります。
その上で、相性が合わないのであれば、そこで関係を終わらせて、相性が合うのであれば、セフレとして付き合っていけばいいかと思います。

相性が合うか合わないかはもちろん実際に出会う前に相手の性格やプロフィールから多少は判断することはできます。
でも、やっぱりしっかりと判断するためには、実際のセックスが欠かせないのです。

セフレを作る攻略法はあるのか

出会い系サイトで、セフレをすんなりと作れる人もいれば、なかなか作れない人もいます。
もちろん、セフレが作れるかどうかは運による要素も多いですから、たまたま運が良かった悪かっただけかもしれません。
ただ、セフレを作るのに攻略法などはあるのでしょうか。

むろん、絶対的な攻略法はありません。
さっきも言いましたが、セフレを作れるかどうかは、ある程度は運にも左右されますから。
ただ、少しでもセフレを作れる確率をアップさせたり、セフレゲットの成功率をアップさせる方法があります。

まず、セフレを作りやすいサイトを利用することが1番の方法です。
最近では、セフレ専門のサイトも多くありますから、普通の出会い系サイトを利用するよりは、そちらのサイトを利用した方が、セフレを作れる確率は高くなるかもしれません。

次に、プロフィールや掲示板などでしっかりとアピールすることも大事です。
どうしても多くの人は、サイトに登録するとすぐに相手を探そうとしますが、このアピールが実は凄く大事なことであり、アピールをするかしないかで、成功率は大きく変わってくるのです。
ですから、まずはプロフィールをしっかりと書いて、掲示板に自分紹介をしたりして、多くの人にアピールするようにしましょう。

そして、相手に送るメールに関しても、いきなり「セフレになりませんか?」と送るのではなく、もっと親しみやすい感じで、友達になるような雰囲気のメールを送るようにしましょう。
その方が、相手としても気軽に接することができるので、メールの返信率も高くなるのです。

そして、相手と実際にやり取りをする時でも、相手の話をしっかりと聞いてあげて、なるべく毎日メールのやり取りをするようにしましょう。
そうすれば、相手ともすぐに親しくなることができますし、それだけ相手とも早くセフレになることができるのです。

どれも地味なことに思うかもしれませんが、1つ1つの積み重ねがセフレを作る成功率を大幅にアップさせるのです。

まずは自己紹介をすることでセフレに繋がる

セフレを作るために、まずは出会い系サイトに登録をする人も多いと思います。
むしろ、今はセフレを作る人の大半が、出会い系サイトを活用していると思います。

さて、出会い系サイトに登録したのはいいのですが、ここでいきなりセフレを探そうとする人もいるようです。
もちろん、セフレを作るためにはセフレになれそうな相手を探す必要があるのですが、その前に重要なことを忘れてはいけません。
それは、プロフィールでしっかりと自己紹介をすることです。

要するに、まずはプロフィールを作成して、自分のことをしっかりと紹介する必要があるのです。
そもそも、自分のことを知ってもらうには、プロフィールを見てもらうしかありませんから。

プロフィールでは、自分の趣味であったり、エッチの経験であったり、セフレを求めている理由などを記載します。
そして、最後に挨拶を含めた自己紹介を書く事になるのです。

いくらセフレの関係とはいえ、最低限の信頼関係は築かないといけませんし、相手に関することもある程度は知る必要があります。
何も知らない状態では、まずセフレになることはできませんから。

だからこそ、セフレになるための第一歩として、プロフィールを書く事が大事なのです。
まずはプロフィールをしっかりと書いて、それから相手を探すようにしましょう。

もちろんメールの時でも、しっかりと自己紹介をする必要はありますが、その上で自分のプロフィールを見てもらうことが大事なのです。
メールをもらった相手が興味を持ったら、まずは必ずプロフィールをチェックします。
そのプロフィールの印象で、メールの返信をするかどうかを決めるのです。

そういう意味では、プロフィールはただ書けばいいだけでなく、相手にしっかりと好印象を持ってもらえるように書く必要があるのです。
そのためには、最低限全部の項目をしっかりと書いて、手を抜かないように書くようにしましょう。

相手の印象は挨拶と自己紹介でほとんど決まると言いますが、セフレを作る時にもそれが当てはまるのです。
セフレは気軽に作れる印象がありますが、それらをしっかりと実行してこそセフレを作ることができるのです。